Trand&News

消防法令に違反した建物の公表制度の活用をお願いします<東京消防庁> (2012/06/04)

・東京消防庁から東京都宅建協会会員の方へのお願いです・

東京消防庁は、一戸建て住宅以外の事業用に供する建物の違反情報を都民に提供するための「違反対象物の公表制度」を昨年4月から開始しました。
現在、消防法令上設置が義務づけられている屋内消火栓設備、スプリンクラー設備または自動火災報知設備が設置されていない火災予防上危険な状態にある約50棟の建物について、東京消防庁のホームページで公表しています。

東京消防庁から下記の要望事項につきまして、東京都宅建協会会員の方への周知と、防火安全対策の推進に協力の依頼がありました。

1要望事項
(1)建物の安全性についての重要な要素として、上記公表対象物情報を確認するとともに、該当している建物情報があるときは、取引の際に関係者への情報の提供
(2)会員並びに取引関係者の皆様へ「違反対象物の公表制度」の周知

2公表される建物に該当するもの
(1)消防用設備等のうち屋内消火栓設備、スプリンクラー設備又は自動火災報知設備の未設置による設置義務違反の存する建物
(2)防火管理者の選任義務のある建物のうち、遊技場、性風俗店、カラオケ施設若しくは飲食店又は雑居ビル等における同一関係者による防火管理若しくは消防用設備等の維持管理等の繰り返し違反の存する建物

3その他
(1)違反対象物の公表に係るアドレス
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/kk/ihan/index.html
(2)違反対象物の公表に係る根拠条文
火災予防条例(昭和37年東京都条例第65号)第64条の3
(3)問合せ先
東京消防庁予防部査察課機動査察係 菅野
03−3212−2111 内線 4962


close