Trand&News

25年度太陽光発電「屋根貸し」マッチング事業の開始<東京都> (2013/10/04)

太陽光発電「屋根貸し」マッチング事業の新たな取組み

東京都は、25年度の太陽光発電「屋根貸し」マッチング事業について、昨年度の取組みを踏まえて新たな展開をする、と発表しました。

昨年度は、太陽光発電の「屋根貸し」を推進するため、屋根の借り手と貸し手を結びつける取組み(マッチング事業)を試行的に行いました。
この取組みを踏まえて、屋根の賃貸借契約書モデルの作成・公開など、マッチングの実効性を高める新たな取組みを展開していきます。

屋根貸しとは
発電事業者が一定の面積を有する屋根を借りて太陽光発電を設置し、建物所有者が屋根の賃料や他のサービス(非常用電源、防水工事等)を得る太陽光発電の新たな設置手法です。

都の事業
1.発電事業者と建物所有者を募集します
太陽光発電用に屋根を貸出したい建物所有者と屋根を借りたい発電事業者を募集し、登録します。
発電事業者の申請に応じ、登録された屋根情報を提供し、マッチング機会を提供します。
■屋根の登録要件:面積150岼幣 等

2.賃貸借契約書モデルを公表します
契約締結に当たって、発電事業者と建物所有者との間で検討・調整すべき条項を盛り込んだ賃貸借契約書モデルを作成・公開します。


東京都の事業概要の詳細は次のページをご覧ください。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/09/20n9q200.htm

close