Trand&News

海外の宅地建物を本邦内で取引する際の購入者の保護等の推進<国交省> (2014/01/10)

国土交通省は海外の不動産物件を日本国内で取引する際の取扱いについて、下記の要領で業務を行い、購入者の保護等に留意するよう呼びかけています。

1.取り扱おうとする物件の所在地法等を十分理解し法令を順守するとともに、所在地法等の本邦内での適用が不明確な場合であっても適切な範囲で所在地法等による規制を尊重して業務を行うよう努めること。

2.購入者等に対しては、物件の内容や取引の条件等について契約の前に丁寧な説明を行うよう努めること。

詳細は次のページでご確認ください。

全宅連HP 法令改正情報
http://www.zentaku.or.jp/public/amendment/index.html

close