Trand&News

消費税の簡易課税制度のみなし仕入れ率の見直し(平成27年4月〜) (2014/04/02)

中小企業等の消費税納税の事務負担を軽くする「簡易課税制度」のみなし仕入率が、平成27年4月1日から一部改正され、不動産業は第6種事業(現行:第5種事業)とされたうえで、みなし仕入率は40%(現行:50%)に変更されます。

簡易課税制度は、課税売上高が5,000万円以下の中小事業者の事務負担への配慮で設けられているもので、売上高の一定割合(みなし仕入れ率)を仕入れ額とみなし、実際に集計する手間を省納税いて納税額を簡単に計算できます。業種ごとにみなし仕入れ率が設定されています。

(財務省)
http://www.mof.go.jp/tax_policy/publication/brochure/zeiseian14/zeiseian14_02.pdf

close