Trand&News

民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業<国交省> (2014/05/13)

民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業は、既存の民間賃貸住宅の質の向上を図るとともに空家を有効に活用することにより、住宅確保要配慮者の居住の安定確保を図り、災害等には機動的な公的利用を可能とする環境を構築することを目的としています。
この目的により、国交省は、住宅確保要配慮者の入居等を条件として、空家のある賃貸住宅のリフォームに要する費用の一部を国が直接補助します。

補助対象となる住宅、改修工事についてはそれぞれ要件等がありますので、詳しくは国交省ホームページをご参照ください。

平成26年度民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業の募集開始について
https://www.mlit.go.jp/report/press/house07_hh_000112.html

民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業HP
http://www.minkan-safety-net.jp/

close