Trand&News

応急仮設住宅(民間賃貸住宅)の供与期間の延長<東京都> (2014/09/01)

東京都は、東日本大震災による岩手県、宮城県、福島県からの避難者の方々に対し、被災県からの要請に基づき、応急仮設住宅として都営住宅等および民間賃貸住宅を提供してきました。

これらの応急仮設住宅について、国から供与期間の延長を可能とする通知があり、被災県から供与期間の延長の要請があったことを踏まえて、延長することになりました。これまでは、岩手県、宮城県は入居日から4年間、福島県は平成27年3月末日でした。

<供与期間の延長>
〇岩手県および宮城県からの避難者の方のうち、供与期間を延長することとされた市町村からの避難者の方については、供与期間を「入居日から5年間」に延長されます。

〇福島県からの避難者の方については、供与期間を「入居日から平成28年3月末日まで」に延長されます。

参考)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2014/08/20o86100.htm

close