Trand&News

国家戦略特別区域法における国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業と宅建業法の関係 (2015/02/04)

国家戦略特別区域法が平成26年4月1日に施行され、国家戦略特別区域諮問会議で「国家戦略特区における追加の規制改革事項等について」がとりまとめられました。

これにより、国家戦略特区における旅館業法の特例の活用を促し、一層の外国人の滞在ニーズに対応するため、当該特例の対象となる滞在施設には、宅地建物取引業法の適用はなく、滞在者への重要事項説明が不要であることを明確化する、とされています。

通知文書
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/pdf/k261205.pdf

内閣府地方創生推進室・国家戦略特区
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/hourei.html

close