Trand&News

東京都・警視庁と危険薬物および特殊詐欺の根絶に係る協定を締結 (2015/05/19)

東京都宅建協会は5月19日、都庁第一本庁舎で、東京都、警視庁と「危険薬物および特殊詐欺の根絶に係る協定」を締結しました。

東京都内では昨年6月に発生した池袋における危険運転致死傷事件をはじめ、危険薬物吸引後の重大事件が多発しています。また、都内における特殊詐欺の被害額は、昨年1年間で約80億円と、深刻な状況が続いています。
こうした喫緊の課題に対応するため、今回の協定締結になりました。

今後は、東京都、警視庁は、危険薬物および特殊詐欺に関する情報を協会に対し提供し、協会と協会員の不動産会社が情報を入手した場合は、速やかに警察へ情報提供するなど、それぞれが役割を明確にしたうえで連携を強化して対策に取り組んでいきます。

調印式には、舛添要一東京都知事、盥膨称彪抻訌躊董公益社団法人全日本不動産協会東京都本部・中村裕昌本部長、本会・瀬川信義会長が出席しました。

img
(写真左から)全日東京都本部・中村本部長、盥坊抻訌躊董∩づ催豕都知事、瀬川本会会長

close