平成25年度 税制改正大綱が決定 (2013/01/25)

平成25年度与党税制改正大綱が1月24日に正式決定しました。
消費税増税に向けた対策を重視した内容で、企業の設備投資を促進するための新たな税制の創設や住宅ローン減税を拡充するなど、企業の成長を後押しするとともに、家計の負担に配慮した措置も盛り込まれています。

不動産関連でもっとも大きな注目点は、住宅ローン減税の拡充です。平成25年末に期限が切れる住宅ローン減税が、29年末まで4年延長されます。減税額も大きくなり、年間で最大40万円(10年間で最大400万円)の減税を受けられるようになります。

このほか、法人税の減税、教育資金の贈与の非課税制度の創設、自動車取得税の廃止、所得税の最高税率引上げ、相続税の最高税率引上げと基礎控除の縮小等が盛り込まれています。

詳しくは、下記ページをご参照ください。

●税制改正大綱まとまる(自民党HP)
http://www.jimin.jp/activity/news/119759.html
●平成25 年度税制改正大綱(自民党HP)
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/pdf085_1.pdf

close