平成25年地価公示-東京都は住宅地−0.3%、商業地−0.4%<国土交通省> (2013/03/22)

国土交通省は3月21日、平成25年地価公示(平成25年1月1日時点)を発表しました。全国平均の変動率は、住宅地が−1.6%(前年−2.3%)、商業地が−2.1%(前年−3.1%)となっています。

1年間の地価は、全国的に依然として下落となりましたが、下落率は縮小し、上昇・横ばいの地点も大幅に増加し、一部地域で回復傾向が見られます。

東京圏の変動率は、住宅地が−0.7%(前年−1.6%)、商業地が−0.5%(前年−1.9%)で、東京都の変動率は、住宅地が−0.3%(前年−1.0%)、商業地が−0.4%(前年−1.9%)です。

東京都内で地価の上昇が見られた個別地点をいくつか例示すると、東京スカイツリーの開業で台東区浅草駅付近の+9.0%、墨田区押上駅付近の+6.5%、東京電機大学千住キャンパスへの移転で足立区北千住駅付近の+5.0%、再開発ビルに伴う旗艦店の進出で渋谷区原宿駅付近の+1.1%などが、あげられます。

詳しくは下記ページをご参照ください。
●国土交通省・平成25年地価公示 HP
http://tochi.mlit.go.jp/chika/kouji/2013/

close