2013年中古マンション成約件数が2年連続で過去最高<東日本レインズ> (2014/01/28)

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)はこのほど、首都圏における2013年(2013年1〜12月)の不動産流通市場の動向を報告しました。

中古マンションの成約件数は2年連続で過去最高で、3万6,432件(前年比16.0%増)となり、前年からも大幅に増加しています。都県・地域別に見ても、すべての都県・地域で増加となっています。成約物件の1崚たり単価は首都圏平均で39.96万円(前年比4.7%上昇)で3年ぶりの上昇、成約物件価格は2,589万円(前年比3.5%上昇)で、こちらも3年ぶりに上昇しています。

中古戸建住宅の成約件数についても1万2,245件(前年比6.9%増)で、2年連続で前年を上回り、2000年の1万2,098件を上回って過去最高を更新しています。都県・地域別に見ても、すべての都県・地域で前年を上回っています。

新築戸建住宅の成約件数は5,204件(前年比9.7%増)で、5年連続で前年を上回っています。都県・地域別を見ると、東京都多摩地域を除く都県・地域で増加となっています。

詳しくは下記ページをご参照ください。
●公益財団法人東日本不動産流通機構・首都圏不動産流通市場の動向(2013年)
http://www.reins.or.jp/pdf/trend/sf/sf_2013.pdf

close