宅地建物取引業法の一部を改正する法律の施行<国交省> (2014/10/15)

「宅地建物取引士」は27年4月1日から

宅地建物取引業法の一部を改正する法律が26年6月25日に公布され、同法施行期日を定める政令に基づき27年4月1日から施行されることになりました。
また、宅建業法施行規則および積立式宅地建物販売業法施行規則の一部を改正する省令および標準媒介契約約款及び不動産投資顧問業登録規程の一部を改正する告示が26年10月1日に公布され、27年4月1日からせこうされます。
さらに、宅建業法の解釈・運用の考え方についても27年4月1日から施行されます。

宅建業法等の改正については、宅地建物取引主任者の果たすべき責任の増大や、中古住宅の円滑な流通に向けた関係者との連携等、その役割が大きくなっていることを踏まえて、宅建取引主任者の名称が「宅地建物取引士」に変更されます。

詳細等については、下記をご参照ください。

国土交通省・報道発表資料
「宅地建物取引業法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令」について
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo16_hh_000114.html

「宅地建物取引業法施行規則及び積立式宅地建物販売業法施行規則の一部を改正する省令」及び「標準媒介契約約款及び不動産投資顧問業登録規程の一部を改正する件」の公布について
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo16_hh_000115.html

close